中学受験は親子の絆を深める

我が子を近隣の公立中学校ではなく、よりレベルの高いまたは、オリジナリティのある教育を受けさせたいと考えている親御さんは、少なくても小学4年生ぐらいから準備を始めましょう。

中学受験の準備には色々あります。まず、志望校を幾つか決めます。それぞれの中学校には特色があるので、じっくり調べてお子さんの個性、通学にかかる時間なども考慮して決めましょう。実際に希望する学校に行って見学してみることも大切です。実際に通っている生徒さんの様子を観察することはとても参考になります。

これから中学受験の勉強をして、希望する中学校に通うのはお子さんです。お子さんに希望する学校の良い点を詳しく説明して、自分でも頑張るという気持ちにしてあげることが最も大切なことです。実際の中学受験の勉強は、塾や家庭教師に頼ることも多くなると思います。

ここで注意したいことは、塾や家庭教師の先生に任せきりにしないことです。健康面のサポートはもちろんですが、子供の得意なこと、苦手なことを常に把握しプレッシャーにならない程度に言葉をかけてあげて、メンタル面でのサポートをして下さい。苦手なことが出来た時には頑張ったことを褒めてあげ、上手くいかなかった時は大丈夫、自分を信じて今まで通り頑張ろう、と一声かけて常に寄り添ってあげましょう。親子で頑張っているという一体感を持つことで、勉強以外にも得られものがあるはずです。